東京都杉並区、世田谷区、武蔵野市の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)荻窪中央ステーション

荻窪中央ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】土曜日、日曜日【電話番号】0120-413-182 お問い合わせ

ロコモティブシンドロームについて

2019年07月01日

ロコモティブシンドロームは運動器症候群とも言われ、運動器の障害や衰えのために移動機能の低下をきたし、歩行困難など要介護になるリスクが高まっている状態です。関節可動域の制限やサルコペニア等の筋力低下など、加齢や生活習慣が原因といわれています。身体的にはフレイルやサルコペニアとよく似ていますが、主に歩行に関することにターゲットが置かれています。

以下の中で1つでも当てはまる項目があればロコモティブシンドロームの可能性がありますので、かかりつけ医などに相談することをおすすめします。
◾️片脚立ちで靴下がはけない
◾️家の中でつまづいたりすべったりする
◾️階段を上るのに手すりが必要である
◾️家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である
◾️2kg(およそ1リットルの牛乳パック2本分)程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
◾️15分くらいを続けて歩くことができない
◾️横断歩道を青信号で渡りきれない